白髪の原因と白髪染

白髪の仕組み

白髪になりやすい人と白髪になりにくい人の差は何でしょうか。
白髪になる現象を確認しておきましょう。

 

毛髪の色と言うのは元々白髪です。
それにメラニン色素が入って黒い髪になるのです。

 

メラニン色素が少なくなってくると白髪になるということなのです。
メラニン色素を生成するのはメラノサイト(色素細胞)と呼ばれるものです。

 

このメラノサイトの活動状況が白髪と密接に関係しているということなのです。
メラノサイトは年齢とともに活動を弱めるということが明らかになっています。

 

つまり、年を取ると白髪になるということは事実としてあるということです。
それでは、年を取っていない人の白髪はなぜなのでしょうか。

 

同じようにメラノサイトの活動が弱まっているということですが、その原因は
明確にはなっていません。
現象として、このような時に白髪が増えているということです。

 

まずは、栄養状態が悪い時です。
これは頭髪に十分な栄養が行きわたらないということになります。

 

食生活が不規則な人は、その傾向があるのです。
それから、突然白髪になるという原因として、強いストレスがあります。

 

よく、あまりの恐怖に髪の毛が白くなってしまうという話を聞きます。
これはまさにストレスによるものです。

 

何か心配事などがあると白髪が増えてくるということなのです。
その他にも病気の影響で白髪になるという場合もあります。

 

しかしそれは、原因がはっきりしていますし、対処の方法が病気の治癒以外にないということも明らかです。

 

白髪と遺伝

親が白髪だと子も白髪になるという話を聞いたことはありませんか。
つまり、白髪は遺伝であるということです。

 

信ぴょう性については、ある程度は当たっているかもしれません。
しかし、それだけで説明できるほど、白髪の原因は簡単ではありません。

 

どう考えても遺伝ではないというケースはたくさんあるからです。
年齢とともに白髪が出てくるというのは一般的ですから、その時点での白髪は
遺伝とは関係ないと言えるでしょう。

 

白髪の原因は、色素を作る色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなってくるということはわかっています。
では、そのメラノサイトの働きが弱まる原因は何かということなのです。

 

その原因こそが、真の原因ですが、それは医学的な話です。
私たちの日常生活において、白髪が増えないようにするにはどうすればよいかを考えなければなりません。

 

日常生活での栄養バランスのとれた食事は基本です。
それから、ストレスを溜めないということです。

 

頭皮というものは体の調子に敏感に反応しますから、体調が悪くなりますと
白髪や抜け毛と言ったことになるのです。

 

円形脱毛症というものが精神的なストレスからくるということを聞いたことはあるのではないでしょうか。

 

人間の体というものは不思議なもので、体内の見えないところの異常を表面の部分で
警報として出すための仕組みがあるということでしょうか。

 

 

そう考えますと、白髪を薬で治すということは、真の原因の対策をしないということになりますから、
自分にとって良いことなのかどうか疑問が生じることになります。

 

栄養と白髪

白髪の原因を考える時には、黒髪にしているもののことを考えなければなりません。
つまり、白髪になるということではなく、黒くならないということが正確な症状を表して
いるということなのです。

 

黒くなる現象は、皮膚に含まれるメラノサイトという細胞がメラニン色素を生成して、
それが黒くなるということです。

 

ですから、白髪の原因としてはメラノサイトの活動が弱くなっていることによります。
真の原因はメラノサイトの活動を弱くしているものを、探すということになります。

 

一つの原因は年齢です。
年齢とともに、白髪が増えてくるということは、ほとんどの人が実感しているのではないでしょうか。

 

頭皮については栄養バランスが崩れてしまった時に、真っ先に症状が現れると言われています。
症状として、抜け毛や円形脱毛症、白髪といったものになります。

 

まだ、年齢的には白髪になるような年齢ではないのに白髪が増えてきたということであれば、
それは何らかの原因があります。

 

その原因をつきとめて、改善することが必要でしょう。
症状そのものを対処療法で治すというとはもちろんできるかもしれません。

 

白髪の場合はメラノサイトの活動を活発にしてやればよいわけです。
簡単にできるわけではありませんが、薬などで可能になってきたようです。

 

しかし、問題はその裏に潜む真の原因です。
たとえばストレスが溜まっているということが原因であれば、ストレスを無くすためのことを
考えなければならないということです。

 

健康管理と健康増進


<スポンサードリンク>